夫の浮気が許せません!慰謝料を請求したい!
離婚相談の場面で多くある事案のひとつです。

配偶者の浮気が原因で夫婦関係が壊れてしまった場合、配偶者に対し慰謝料を請求することができます。

慰謝料の額は、婚姻期間、浮気の期間、回数、それによって離婚に至ったか、現在も交際しているかなどによって幅があり、数十万から数百万まで、事案によってさまざまです。
なお、浮気に限ったものではありませんが、離婚に伴う慰謝料額は500万円以下が全体の8割程度を占めるといわれています。

〔浮気の証拠〕
浮気を原因に慰謝料を請求するために大切なことは、肉体関係を伴った浮気であることを証明することです。その点が証明できない場合は、浮気を理由とする慰謝料が認められにくくなりますし、認められたとしても、額は極めて低額になるでしょう。

では、肉体関係を伴った浮気であると証明するためにはどのような証拠である必要があるでしょうか。

実務上、浮気の証拠としては、写真や手紙、メールなどが多いようですが、肉体関係をうかがわせ、簡単には言い逃れが出来ないような物である必要があります。
写真であれば、ホテルや、ひとり暮らしの家に2人で一定時間滞在したことが証明できるようなもの、手紙やメールであれば、文面上明らかに肉体関係をうかがわせるような内容が書かれたものであることが重要です。
 
なお、浮気の証拠をつかんでも、夫婦関係が既に「破綻」したあとの浮気(不貞行為)は不法行為を構成しない=慰謝料は発生しない、といわれていますので注意が必要です。
浮気の証拠をつかまれた側からよく聞く弁解のひとつとして、「夫婦関係は既に破綻していた。破綻後の浮気なので慰謝料は発生しない」というものがありますが、裁判所は「破綻」の認定には慎重です。家庭内別居のように、外形的に夫婦関係の破綻が明らかではない場合は、破綻していたとは認められにくいでしょう。